ホームホスピスでは、アレはダメ、コレはダメといった制限が少なく、入居者やそのご家族にとって自由度が高いという特徴があります。

しかしその反面では、ホームホスピスを1つのケアの場として、明確に定義することを難しくもしています。

ゆえに、法制度によってホームホスピスを管理することは現状困難であり、介護保険施設としての適用はありません。

この家の家族として一人ひとりが介護保険のサービスを受けています。

それによるメリットもありますが、国からの補助金などは、受けることができません。

そのため、運営は入居者の入居料に頼っているのが現状です。

 

ホームホスピスが1つの看取りの場でありケアの場所として、明確な定義の下に日本で認められることは、私たちの使命であり、課題でもあります。

ホームホスピスとは、どのような場所・活動のことなのか。それを、私たちの活動を通して多くの人々に知ってもらい、

地域から全国へとコミュニティを広げていくことは、そのための第1歩となるでしょう。